一瞬で良い変化を起こす10秒・30秒・3分カウンセリング―すべての教師とスクールカウンセラーのためにー

1月10日にほんの森出版から出版された「一瞬で良い変化を起こす10秒・30秒・3分カウンセリング―すべての教師とスクールカウンセラーのために」が好評を得ております。

 

勤務先の学校で紹介させていただきましたが、何人かの先生方が買って下さいました。「面白い」「分かりやすい」とのことで、好意的な評価をいただきました。

 

アマゾンでも少しずつ売れております。先日は、アマゾンのカウンセリングの売れ筋ランキングで4位に入りました。うれしかったので、その時の画像を記念にキャプチャしておきました。

 

 特に、尊敬する大河原美以先生の「怒りをコントロールできない子の理解と援助」と並んでランキング入りしているのがうれしいです。私の本は、ランキングの順位では激しく上がったり下がったりしていますが、大河原美以先生の本は、コンスタントに上位をキープされています。私も持っておりますし、読ませてもらいましたが大変勉強になる本ですね。2004年の発行の本ですが、今でもお勧めです。

 さて、私の本ですが、学校の日常生活の中で使えるカウンセリグを活かした子どもへのかかわり方に書いています。学校で生じがちで対応に困るような色々な場面を設定して、その時に子どもにどんなふうに声をかけるのかを、具体的に紹介しています。

 

 例えば、廊下でこちらに暴言を投げつけてくる生徒へのかかわり方とか、毎日のように不定愁訴を訴えて保健室にやってくる子どもへのかかわり方、人のことばかり言いつけてくる子どもへのかかわり方とか、色々です。

 

 学校現場は、時間を確保して子どもにじっくりかかわわることが難しいことも多いので、10秒や30秒、3分といったごく短い時間でできることを紹介しています。ほんの森出版のホームページからは本文の一部を読むことができますので、気になる方は確認してみて下さい。

 

4月19日 追記

アマゾンで2名のレビュアーからレビューされていました。どちらも、好意的なコメントで大変嬉しい気持ちです。レビューはアマゾンのサイトからどうぞ。