LINEを使った相談活動

スマホのチャットで相談活動
スマホのチャットで相談活動

LINEを使った相談活動にたくさんの相談がよせられたそうです。朝日新聞の10月12日の記事で報道されていました。「長野県教育委員会が9月、通信アプリ「LINE」を使って中高生の悩み相談を受け付けたところ、2週間で1579件のアクセスがあり、このうち547件の相談に乗れたことが分かった。県教委が10日、発表した。2016年度の1年間に電話で寄せられた相談は計259件で、LINEの方がはるかに多かった。県教委は「気軽に相談できる効果が大きい」とみて本格導入を検討する。」私は新聞報道以上の情報は知らないのですが、本当に意味のある試みだと思いました。

 私自身も、SNSやチャットを使った相談には、非常に期待しています。相談しやすい仕組みとしても意味があると思いますし、それだけではなく、相談の質を向上させることも期待できると思います。

 例えば、複数で相談を受けることは、チャットの場合は簡単なことだと思います。相談員が2名で組んで、横に並んで打ち合わせしながら、子どもの相談に応えたらどうでしょうか? きっと、相談員がひとりでチャットの相談に応えるよりもずっと良い相談活動をできると思います。

 実際のカウンセリングでも、家族療法にルーツを持つアプローチでは、カウンセリングルームにマイクとワンウェイミラーがあって、隣の部屋からカウンセリングの様子を数人のスタッフがチーム(リフレクティングチーム)として観察して、それを相談に活かすという方法があります。カウンセラーが休み時間を取って、リフレクティングチームに意見を聞きにいったり、リフレクティングチームからインターホンでカウンセラーに指示が来たりします。もちろん、この設定は来談者(クライエント)に説明した上で了解をもらって活動しています。SNSでの相談は、それを特別な施設を準備しなくても実現することができるのです。

 

 また、相談員が複数でひとりの相談チャットに応じるだけではなく、同時にAIがチャットに参加していて相談を行ったらどうでしょうか? 例えば、相談員2名、AI1名(?)での計3名で相談を受けるのです。AIが応えることは、人間には出せない反応やAIだから許される反応をすることが期待できると思います。万一AIが良くない反応をしたとしても、人間の相談員がそれをフォローすることができます。このチームは非常に意味のある支援をできるのではないかと期待してしまいます。余談ですが、AIカウンセリングについては、以前にブログ記事を書きましたが、可能性があると私は思っています。まだ実用性はないと思いますが人間と組めば良い働きをすると思います。

 

 また、もしできればチャットをしながら話をしても良いと相談者が感じたら、音声通話での相談にそのまま移行できる仕組みを導入してはどうでしょうか? 始めから音声通話で相談する仕組みよりも、相談者の抵抗が少ないのではないかと思います。相談者の画面に電話のアイコンがあって、それをタップするとそのまま今チャットで相談している相手と音声で話ができるようにするのです。相談員のうちの1名が話をして、もうひとりが相談者と相談員の話を聞きながらチャットで参加するというスタイルも面白いかもしれません。

 音声通話での相談に移行できるようにするのは、文字でやりとりするよりも、声でやりとりすることが相談者にとってプラスになることが多いと考えられるからです。一つは自分で声を出すということが、自分の心が自然に動いていくことにつながるからです。いわゆるカタルシス効果して言われていることですが、文字を書くよりも、声を出す方がその効果が働くと考えられます。文字を書くよりも、声を出す方が、より原始的な活動ですので、生き物として元々持っている自然治癒力が働くきっかけとなると考えられます。また、文字で働きかけられるよりも声で働きかけられる方が、サポートされているという感覚を生じさせやすいと思われます。だからこそ、チャットから音声通話に切り替えられる仕組みを導入するべきだと思います。チャット相談という抵抗の少ない入り口から、音声通話という効果の高い方法へスムーズに移行できるすばらしい仕組みになると思います。

 

 SNSやチャットを使った相談活動は、始まったばかりですので、これからの発展が大いに期待できると思います。関係者の方にはぜひ、子どもたちの利益のために、力や知恵を集めて活動を発展させていってほしいと思っています。

 

 

スクールカウンセラーの役割(ドラマ「明日の約束」から)

井上真央さんがスクールカウンセラー役でフジテレビのドラマ「明日の約束」に主演するということで、話題になっています。

 

「フジテレビのサイトを見てみると、次のような説明が書かれています。

 

主人公の藍沢日向(あいざわひなた)は、高校のスクールカウンセラー。「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげる。

 

主人公がスクールカウンセラーのドラマですから、個人的には大注目です。面白いドラマになってほしいなぁと思います。

 

先ほどのドラマの説明ですが、これが一般的なスクールカウンセラーへのイメージなのだろうと思います。どうしても、気になることがあるので、指摘しておきます。

 

「親でも、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」がスクールカウンセラーということですが、これは正しいようでいて誤解を招く表現だと思います。

 

味方がいないと思っている子どもがいたときに最初に味方になるのがスクールカウンセラーです。そして、その子どもの心が癒やされてきたり、元気になってきたりすることを通して、そして、周囲の人々との関係をスクールカウンセラーが支えつつその子どもが開いていくことを通して、少しずつ味方(だとその子が思える人)が増えていくのです。そして、最後にはスクールカウンセラーという存在はその子どもの中から自然に小さくなって消えてしまうのが理想です。

 

また、その「明日の約束」では、ある男子生徒の死が重要な焦点となっているようです。「不可解な死を遂げてしまう」「はたして、誰が彼をしなせたのか・・・。」と書かれています。「だれが死なせたのか」という表現は、「殺した」とは違って自殺したという含みがあります。自殺という点で少し気になることがあります。

 

実は、日本では子どもの自殺が多いのです。大人の自殺は減少してきたのですが、ここ数年子どもの自殺は高止まりが続いています。子どもの自殺は、大人の自殺と少し違った特徴があります。マスコミなどの情報の影響を受けやすいこと、大人に比べて短期間で自殺に追い込まれてしまいがちなこと等々です。自殺がセンセーショナルに取り上げられて報道されることによって、影響を受けた自殺が続いてしまう(群発自殺)ことが知られています。ドラマは、報道ではないのですが、自殺の取り上げ方によっては、子どもの自殺を助長することになる危険性があります。

 

どのように自殺を扱えば良いのかについては、「WHO 自殺予防 メディア関係者のための手引き(2008年改訂版日本語版)」というものが出されています。それには、いくつかポイントがまとめられています。

  • 自殺をセンセーショナルに扱わない
  • 当然の行為のように扱わない
  • 問題解決法の一つであるかのように扱わない
  • どこに支援を求めることができるのかということについて情報を提供する

などが挙げられています。

 

ドラマであっても、こういった手引きを参考にして自殺の防止につながるような作品を作っていただきたいなぁと思っています。ドラマが子どもたちの命や人生をより素晴らしいものにして行く一助になるように願っています。

 

LINEでいじめ相談

ネットニュースを見ていると、「「LINE」でいじめ相談に応じるサービスが開始 - 滋賀県大津市で」(http://news.mynavi.jp/news/2017/08/07/163/)とのニュースを見かけました。

こういう取り組みはやってみると良いと思います。やってみながら改善して、子どもたちが相談しやすい環境を作っていくことが大切ですね。試験的な取り組みでモデル校数校が対象のようですが、広がっていくと良いですね。

 

モデル校の生徒へは、相談用LINEアカウントを友だち登録するために必要な「QRコード」が入ったチラシなどを配布。」とのことです。お店とかがよく、友だち登録したらスタンプ無料などというキャンペーンやっていますが、可愛いラインスタンプがもらえると、登録が進むと思うんですが、いかがでしょう。

 

ところで、LINEなんかは、相談窓口だけじゃなくて、企業としてもっといじめ防止に取り組んでほしいと思います。例えば、AIの活用です。LINEのグループチャットには、AIがかかわるようにして、いじめと思われるような書き込みが生じたときには、AIらしい、ちょっととぼけたツッコミなどをして、場を和ませつつ、チャットのメンバーにやりすぎかなと自分で気づくチャンスを与えるような、機能を付けたら良いと思います。

 

自然言語をAIとして認識してコミュニケーションを取るというのは、今一番ホットな研究テーマのようです。研究者も、LINEと協力して、いじめを予防するグループチャットAIの開発とか、科研費ももらえそうですが、いかがですか?

 

 

 

 

 

ティーンズバリバラが面白かった

NHKのEテレで5月28日(日)夜7:00から、「ティーンズバリバラ ~発達障害の悩み~」が放送されていました。

 

スタジオに、発達障害のある中高生8人が集まって、色々とお話をしてくれていました。ひとり一人、個性があって、それぞれの人に「魅力的だなぁ~」と感じました。でも、多分、彼ら彼女たちは、今はかなり色々と苦労したり辛い思いをしたりしているのだろうなぁと、想像しました。そういった苦労などは、本当は、決してマイナスにはならず、プラスになっていくのだと思います。でも、中学生や高校生の頃には、なかなか先の見通しが持てないので、余計に苦労したり苦しい思いをしたりしているかもしれません。身近な人が、彼ら彼女たちを理解してくれて、そっと支えてくれたらどんなにか良いだろうと思います。

 

そういうなかで、笹森理絵さんが良い役割を果たしていました。笹森さんは、発達障害の当事者でNHKのハートネットにも度々登場していた方です。番組では「発達障害の先輩」として紹介されていました。笹森さんのコメントが暖かくて素敵でした。

再放送が6月2日(金)0:00(木曜深夜)にあるようです。ぜひ、見て下さい。

 

番組のホームページはこちらから

 

 

スクールカウンセラーを育てるには

 以前から思っていたのですが、どうしても、気になるので書いてみました。

 

 スクールカウンセラーが常勤化されるという見通しのようです。現実化するのは、数年以上先だと思われますが、スクールカウンセラーが今よりも必要となり、人材が足りないのではないかということがあるようです。それに伴って、スクールカウンセラーの質を確保するということも大切だと言われています。

「病院での臨床経験など学校以外での経験がない人がスクールカウンセラーになることが果たして良いのか」ということを主張する人もいます。

 

 私は、スクールカウンセラーを人数も質も確保しなくてはいけないということには賛成なのです。でも、スクールカウンセラーになるには、病院での臨床経験が必要という意見には、全く賛成できません。

スクールカウンセラー制度が始まって20年を超えましたが、20年前から同じようなことを言う人はいました。病院などで経験豊富な人がスクールカウンセラーになってくれたら、やはり良いことだと思われます。

でも、よく考えてみるとこの考え方はおかしいところがあります。

 

 別の例を使って考えてみます。例えば、「学校の先生になるには、塾講師の経験がないとダメだね」という意見はどうでしょうか? この意見を塾講師の人が言うのであれば、塾講師という仕事を学校の先生よりも高く評価していると考えれば、全体的に理解できます。しかし、この意見を学校の先生が言った場合はどうでしょうか? この言葉には塾講師の方を自分の仕事よりも高く評価しているという意味が含まれているので、こんなこという学校の先生は自分の仕事をどう評価しているのか、自分の仕事に誇りを持っているのか、疑問を感じてしまいます。

 しかし、スクールカウンセラーについては、病院での臨床経験がないとスクールカウンセラーはできないというような意見が、意外と通用しているようです。

 

 ところで、大学の学生相談の概念ですが、「療学援助」という言葉があります。精神科などの医療機関で治療を受けながら大学での学業の継続や大学への復帰を目指す学生を学生相談がサポートするという援助活動です。精神疾患を治療するのではなく、精神科的な病気を抱えながらも、大学での学業や生活をきちんとやっていけるように学生相談室がカウンセリングなどの活動を通してサポートするのです。病院でのカウンセリングとはまた違った機能や役割が求められるのです。

 

 学校でのスクールカウンセラーが常勤化されると、子どもとのカウンセリング面接以外の活動も非常に多くなると思われます。療学援助と全く同じで、様々な困難を抱えた子どもが学校で上手くやっていけるような支援を適切に行うことが必要になるのです。だから、スクールカウンセラーの活動の中で病院での経験が役に立つ部分は、本当に小さい部分でしかないというふうに予想されます。病院での経験がないとスクールカウンセラーはできないというような意見には論理的・現実的な整合性がありません。

 

 現場で必要なことは現場で学ぶことができるはずです。それをどういう仕組みで実現するのかが大切だと思います。