AIカウンセリング

6月25日に放送されたNHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」を見ました。

本当に面白かったです。

人工知能が、大きく人間社会を変えていく可能性が示されていました。

AIを恐れるのではなく、人間が上手くAIを使っていくことを考えて行けば良いのだということがはっきり示されていました。

 

 AIが人間に取って代わるのではないか、という不安はもっともなことだと思います。しかし、AIは人間のすばらしさを際立たせてくれる存在になると感じました。

 

 番組では、将棋界の最高位・佐藤天彦名人と将棋AIポナンザの対戦を詳しく紹介していました。私には、将棋AIのポナンザの強さは、取り立てて驚くことではないように感じられました。コンピューターのハードウェアも進歩していますし、AIに取り込まれているデータの量も恐ろしい量です。人間よりも強いのは当然の帰結です。自動車が人間よりも速く走るということと同じことだと思います。将棋AIのポナンザと向き合う佐藤天彦名人の姿勢には大変感銘を受けました。

 

さて、ブログタイトルのAIカウンセリングですが、まだ実用化されていないと思います。AIカウンセリングも、そのうち実用化されてくるのではないかと、私は期待しています。AIとやりとりをして、クライエント(相談に来た人)の心が癒やされるのだろうか? という疑問をもつ人も多いようです。私は、AIのカウンセリングも人の心を癒やすことが十分できると考えています。なぜなら、カウンセリングでは、カウンセラーがクライエントの心を癒やすのではないからです。クライエント自身が自分の心を癒やすのです。カウンセラーは、クライエントがもともと持っている自分で癒えていく力が自然に働いていけるように手助けしているに過ぎません。

 

 AIカウンセリングで、心が癒えていくということは、カウンセラーがすごいのではなく、クライエント自身の心に力があるということをはっきりさせてくれるように思います。

 

 AIカウンセリングが身近な存在になる日を楽しみにしています。