『となりのトトロ』と座間市の事件のつながり

 『となりのトトロ』と座間市の事件は、私の中ではつながっています。

 

 座間市の事件のニュースに触れ、被害者9人の方の顔写真を拝見し、大変ショックを受けました。15歳から20歳代という若い方ばかりで、私が直接に知っている方がいても全くおかしくないということを思い、事件が私のすぐそばで起きているということを実感させられました。

 被害者の名前や顔写真を報道することには、色々な意見があることだ思います。しかし私は、報道を通して、被害者ご本人やご家族がただの数字ではなく、血の通った人間として存在したのだということを強く実感することになりました。私が感じたことは、ひとり一人がかけがえのない存在であり、私のすぐ傍にいたかもしれないひとりの人間だということです。あらためて犯罪を許せないという気持ちを強く持ちましたし、犯罪を許してしまった社会のあり方も考えていかなくてはならないと感じました。

 報道が被害者やご家族をさらに傷つけてしまう可能性を持っていることを、忘れてはならないと思います。また、報道に対する私たち自身の姿勢や態度が、被害者や家族を傷つけてしまうことも忘れてはならないと思っています。報道に触れた人は単に「情報」として事件や被害者の方を知るのは被害者の尊厳をさらに傷つけてしまうことにつながると感じます。自分や社会のあり方を見つめ直すきっかけとして、報道を受け止めていくことが、最低限度の姿勢として求められていることではないかと思います。

 

 ところで、スクールカウンセラーが小中学校・高等学校で活動をはじめたのは、1995年です。その年から、私はスクールカウンセラーとして22年間活動してきました。全ての被害者の方は中学生や高校生の頃に、スクールカウンセラーがいる学校で学び生活をされてきたはずです。被害者の方たちは、私の勤務した学校の生徒だったかもしれないのです。そう思うと、気持ちの上でのショックもさらに大きく感じます。もちろんスクールカウンセラーが、全ての子どもの未来をサポートできないことはもともと分かっています。改めて、サポートの手が届かない子どもたちがいることを、まざまざと見せつけられたように感じます。

 

 実は、私たちに出来ることは何か、しなければならないことは何か、ということは既にわかっています。子ども自身や家族の責任にすることなく、危機にある子どもにサポートを届けることです。そのためには、知らなかった、気づかなかったではなく、まず、危機にある子どもたちに気づくことがスタートです。

 

 ところで、『となりのトトロ』の物語では、主人公のサツキは、実は危機に直面しています。こんなふうに書くと驚かれる方がいらっしゃるかもしれません。母親が死んでしまうかもしれないという不安に直面し、知らない土地に引っ越してくるという危機に直面しています。しかも、父親は子どもたちをしっかりサポートしてくれるわけではありません。例えば、妹のメイがトトロに出会った背景には、父親が4歳の子どもに昼食も与えず夕方まで放置していたことがあります。母親の死の不安に直面したメイが、勝手に病院へ向かったのも、大人に不安を打ち明けたり、気持ちをサポートしてもらっていないことが背景になっています。サツキは毎日の生活を、大人の代わりに切り盛りしています。子どもたちだけで父親をバス停まで迎えに行き、真っ暗になっても待ち続けています。こんなふうに、十分にサポートされていない家庭の中で、子どもたちは過ごしていたのです。子どもたちが持っている明るさや、生き抜く力は素晴らしいのですが、大人のサポートが十分に届いていないということに気づくべきだと思います。

 

 『となりのトトロ』の世界では、家庭のサポートが十分でなかったとしても、物語はハッピーエンドに向かっていきます。それは、「家庭のサポート」の外側に「地域のサポート」、さらに外側には(トトロなどの)「人間を超えた存在のサポート」があるからです。『となりのトトロ』の世界では、親のサポートが十分ではなくても、あるいは、親のサポートが十分ではないからこそ、子どもたちはのびのびと力を発揮して、幸せに育っていけるのです。

 

 現代の現実社会はどうでしょうか? 「家庭のサポート」の外側には、「地域のサポート」はあるでしょうか? 「地域のサポート」が届かなかった子どもたちをさらにその外側でサポートしてくれる存在はあるのでしょうか? 残念ながら、家庭のサポートのすぐ外側には、「人間の悪意」が潜む状況が多いと言わざるを得ません。

 

 『となりのトトロ』は、何度もテレビで放送されていますが、いつも高い視聴率を獲得しています。『となりのトトロ』の物語は、大人には癒やしを与え、子どもには勇気や安心を与えてくれる物語なのだと思います。私たち大人は、『となりのトトロ』の物語を見て癒やされるだけではなく、現代の現実社会の中で生きているサツキやメイたちに、サポートを届けなくてはならないのだと思います。

 

 

『となりのトトロ』については、こちらのページもお読みください

 

 

 

学校へ要望を伝えるコツ

はじめに

 発達凸凹のあるお子さんを育てていると、学校に対してお願いをしたり,要望を出したりすることも必要になると思います。でも、保護者の皆さんからは、「学校にはお願いをしにくい」という言葉も聞かれます。「クレーマーのように思われてしまうかもしれない」、とか、「うるさい親だと思われて子どもが損をしてしまうかもしれない」、などと心配する気持ちがあるように思います。そういった心配な気持ちは、お子さんのことを大切に思うからこそ生まれてくるわけで、ある意味、ごく自然なことなのだと思います。大切に思う気持ちが生かされるためにも、心配を上手く乗り越えたり、やり過ごしたりして上手に学校に要望を伝えていくことができたら、すばらしいと思います。

 

合理的配慮

 2016年4月1日に「障害者差別解消法」が施行され、学校でも「合理的配慮」を行うことが求められています。合理的配慮とは、「障害のある人が日常生活や社会生活を送る上で妨げとなる社会的障壁を取り除くために、状況に応じて行われる配慮。」です。例えば、「読み書きに困難がある子の場合、拡大教科書やタブレット、音声読み上げソフトを利用して勉強できるようにする。」というような方法があげられます。

 学校で求められる合理的配慮は、ちょっとした声かけからIT機器の活用まで、幅広いものが考えられます。基本的には、本人の特性に合わせて具体的な工夫や手立てを行うことで、さまざまな活動への参加や教科の学習を促すことをめざすものです。法律の施行から少し時間が経過して、発達凸凹のある子どもたちの保護者からの要望は、合理的配慮を求める要望として、学校側も受け止めていくように意識が変わりつつあります。

 合理的配慮という考え方をもとに、本人の特性に合わせて工夫や手立てを行うということは非常に良いことなのですが、ちょっとした落とし穴があるように思います。それは、具体的な方法に焦点が当たりすぎてしまうことです。

 

要望をめぐる保護者と学校のズレ

 例えば、聞くことと話すことには特に困難はないけれども、文字の読みに困難があって、書かれた文字を理解することが非常に不得意というお子さんがいらっしゃるとします。そういった場合、合理的配慮として、タブレットで音声読み上げソフトを活用して学習できるように学校に要望したいと保護者として考えることは、ごく自然なことかと思われます。しかし、このことを学校側に要望すると、学校としては大いに戸惑ってしまう可能性が高いように思います。それは、「方法」に焦点を当てた要望だからです。具体的な方法に焦点が当たっている場合には、その方法ができるか、できないかということばかりを考えてしまいがちになります。新たな方法を導入するとなると、学校側としては不安や抵抗を感じてしまうことも、ある意味自然なことだと考えられます。つまり、合理的配慮の具体的な方法を巡って保護者と学校の自然な思いは最初からズレてしまう状況におかれています。

 

要望の背景にあること

 では、どんなふうに学校に要望を伝えていったら良いのでしょうか? ここで、少したとえ話を使って考えて行きます。合理的配慮として具体的な方法を要望することは、遠足に行く時にまず交通手段から考えることに似ています。

 遠足に行くときには、まず、目的地を考えると思います。そして、その目的地に合わせて、交通手段を考えるはずです。しかも、実は目的地を考える前に分かっていることがあります。それは、スタート地点です。遠足の場合は、学校から出発するので、スタート地点は学校ですね。遠足の場合、ここはあまり考える必要はありません。つまり、目的地を考えてから、その目的地までの交通手段を考えることが自然なのです。

 学校に要望する場合にも、基本的には、同じです。「○○してほしい」という具体的な要望の背景には、スタート地点、つまり今の困り感やニーズと、目的地、つまりこうなってほしいという願いや目標があるのです。方法を考えるのは、その後になることが自然です。保護者としては、困り感やニーズも、こうなってほしいという願いや目標も、ごく日常的な事なので、改めてはっきりと認識しないのかもしれません。

 

まず、スタート地点(今の困り感やニーズ)を伝える

 以上のようなことから、学校に合理的配慮を要望する場合には、まずスタート地点(今の困り感やニーズ)をお伝えすることが第一歩です。ここでは本人の困り感やニーズを具体的に理解してもらうことが大切です。本人の具体的な言葉を学校に伝えていくと、学校側も自然に本人の困り感やニーズを理解することになると思います。

 音声読み上げソフトを使ってほしいという要望に戻って考えてみます。例えば、子ども本人が「読んでくれたのを聞いたら分かるんだけど、書いてあるのを見ても分からなくなっちゃうんだよ」と言っていたのであれば、その生の声を伝えることが大切です。そういう生の声は誰も否定することができないので、学校もある意味受け入れるしかありません。こういったことを通して、本人の困り感やニーズを共有してもらうことがまず第一歩となります。

 

次に、目的地(こうなってほしいという目標や願い)を伝える

 スタート地点(今の困り感やニーズ)を共通理解できた段階で、目的地(こうなってほしいという目標や願い)を伝えることが大切です。やはり、この段階でも本人の具体的な言葉を学校に伝えていくことが大切です。「教科書に書いてあることが分かって、問題をスラスラ解けるようになりたい」とか「国語の教科書が分かるようになって、国語も好きになりたい」などと本人の言葉を伝えることが大切だと思います。子どもの生の声は、強い説得力があるからです。どんな人もそれを否定することはできないものです。

 

最後に、交通手段(具体的な工夫や方法)を伝える

 困り感やニーズ、こうなってほしいという願いや目標を理解してもらうことができたら、あとは自然に進んで行きやすくなります。この段階では、子ども本人と保護者と学校は、同じ場所から同じ目標を目指して協力する仲間のようになっているからです。具体的な方法を学校に要望することも難しくないでしょう。この段階で、「タブレットで音声読み上げソフトを活用して学習できるようにしてほしい」と具体的な方法を要望してみるをお勧めします。

 実は、こういった手順を踏まえて要望してみると、具体的な方法について学校からOKが得られない場合でも、保護者の皆様がガッカリすることも少なくなるでしょう。子どもも保護者も学校も同じ目的地を目指しているわけですから、また、一つの交通手段がダメでも、また別の交通手段を考えれば良いのです。本来、大切なのは交通手段ではなく、目的地です。一番早く行ける交通手段が一番快適ではないこともあります。一番、快適な交通手段が一番楽しいとは言えないこともあります。飛行機には飛行機の良さ、鈍行の列車に鈍行列車良さがあるものです。交通手段にこだわって、目的地に近づけないことよりも、それぞれの交通手段の良さを体験しながら、目的地を目指せば良いのです。つまり、ひとつの方法がダメでも別の方法を考えて、その方法の良さを活かしていくことが大切なのです。それができるのは、スタート地点と目的地を共有しているからこそなのです。

 

まとめ

 学校へ要望を伝えるには、まず、現在の困り感やニーズを本人の言葉を使って伝えることが大切です。その上で、こうなってほしいという願いや目標を、本人の言葉を使って伝えます。それら2つが共通理解できた最後の段階で、具体的な方法について要望していくことが大切です。

 

 

 

 

 

LINEを使った相談活動

スマホのチャットで相談活動
スマホのチャットで相談活動

LINEを使った相談活動にたくさんの相談がよせられたそうです。朝日新聞の10月12日の記事で報道されていました。「長野県教育委員会が9月、通信アプリ「LINE」を使って中高生の悩み相談を受け付けたところ、2週間で1579件のアクセスがあり、このうち547件の相談に乗れたことが分かった。県教委が10日、発表した。2016年度の1年間に電話で寄せられた相談は計259件で、LINEの方がはるかに多かった。県教委は「気軽に相談できる効果が大きい」とみて本格導入を検討する。」私は新聞報道以上の情報は知らないのですが、本当に意味のある試みだと思いました。

 私自身も、SNSやチャットを使った相談には、非常に期待しています。相談しやすい仕組みとしても意味があると思いますし、それだけではなく、相談の質を向上させることも期待できると思います。

 例えば、複数で相談を受けることは、チャットの場合は簡単なことだと思います。相談員が2名で組んで、横に並んで打ち合わせしながら、子どもの相談に応えたらどうでしょうか? きっと、相談員がひとりでチャットの相談に応えるよりもずっと良い相談活動をできると思います。

 実際のカウンセリングでも、家族療法にルーツを持つアプローチでは、カウンセリングルームにマイクとワンウェイミラーがあって、隣の部屋からカウンセリングの様子を数人のスタッフがチーム(リフレクティングチーム)として観察して、それを相談に活かすという方法があります。カウンセラーが休み時間を取って、リフレクティングチームに意見を聞きにいったり、リフレクティングチームからインターホンでカウンセラーに指示が来たりします。もちろん、この設定は来談者(クライエント)に説明した上で了解をもらって活動しています。SNSでの相談は、それを特別な施設を準備しなくても実現することができるのです。

 

 また、相談員が複数でひとりの相談チャットに応じるだけではなく、同時にAIがチャットに参加していて相談を行ったらどうでしょうか? 例えば、相談員2名、AI1名(?)での計3名で相談を受けるのです。AIが応えることは、人間には出せない反応やAIだから許される反応をすることが期待できると思います。万一AIが良くない反応をしたとしても、人間の相談員がそれをフォローすることができます。このチームは非常に意味のある支援をできるのではないかと期待してしまいます。余談ですが、AIカウンセリングについては、以前にブログ記事を書きましたが、可能性があると私は思っています。まだ実用性はないと思いますが人間と組めば良い働きをすると思います。

 

 また、もしできればチャットをしながら話をしても良いと相談者が感じたら、音声通話での相談にそのまま移行できる仕組みを導入してはどうでしょうか? 始めから音声通話で相談する仕組みよりも、相談者の抵抗が少ないのではないかと思います。相談者の画面に電話のアイコンがあって、それをタップするとそのまま今チャットで相談している相手と音声で話ができるようにするのです。相談員のうちの1名が話をして、もうひとりが相談者と相談員の話を聞きながらチャットで参加するというスタイルも面白いかもしれません。

 音声通話での相談に移行できるようにするのは、文字でやりとりするよりも、声でやりとりすることが相談者にとってプラスになることが多いと考えられるからです。一つは自分で声を出すということが、自分の心が自然に動いていくことにつながるからです。いわゆるカタルシス効果して言われていることですが、文字を書くよりも、声を出す方がその効果が働くと考えられます。文字を書くよりも、声を出す方が、より原始的な活動ですので、生き物として元々持っている自然治癒力が働くきっかけとなると考えられます。また、文字で働きかけられるよりも声で働きかけられる方が、サポートされているという感覚を生じさせやすいと思われます。だからこそ、チャットから音声通話に切り替えられる仕組みを導入するべきだと思います。チャット相談という抵抗の少ない入り口から、音声通話という効果の高い方法へスムーズに移行できるすばらしい仕組みになると思います。

 

 SNSやチャットを使った相談活動は、始まったばかりですので、これからの発展が大いに期待できると思います。関係者の方にはぜひ、子どもたちの利益のために、力や知恵を集めて活動を発展させていってほしいと思っています。

 

 

LINEでいじめ相談

ネットニュースを見ていると、「「LINE」でいじめ相談に応じるサービスが開始 - 滋賀県大津市で」(http://news.mynavi.jp/news/2017/08/07/163/)とのニュースを見かけました。

こういう取り組みはやってみると良いと思います。やってみながら改善して、子どもたちが相談しやすい環境を作っていくことが大切ですね。試験的な取り組みでモデル校数校が対象のようですが、広がっていくと良いですね。

 

モデル校の生徒へは、相談用LINEアカウントを友だち登録するために必要な「QRコード」が入ったチラシなどを配布。」とのことです。お店とかがよく、友だち登録したらスタンプ無料などというキャンペーンやっていますが、可愛いラインスタンプがもらえると、登録が進むと思うんですが、いかがでしょう。

 

ところで、LINEなんかは、相談窓口だけじゃなくて、企業としてもっといじめ防止に取り組んでほしいと思います。例えば、AIの活用です。LINEのグループチャットには、AIがかかわるようにして、いじめと思われるような書き込みが生じたときには、AIらしい、ちょっととぼけたツッコミなどをして、場を和ませつつ、チャットのメンバーにやりすぎかなと自分で気づくチャンスを与えるような、機能を付けたら良いと思います。

 

自然言語をAIとして認識してコミュニケーションを取るというのは、今一番ホットな研究テーマのようです。研究者も、LINEと協力して、いじめを予防するグループチャットAIの開発とか、科研費ももらえそうですが、いかがですか?

 

 

 

 

 

AIカウンセリング

6月25日に放送されたNHKスペシャル「人工知能 天使か悪魔か 2017」を見ました。

本当に面白かったです。

人工知能が、大きく人間社会を変えていく可能性が示されていました。

AIを恐れるのではなく、人間が上手くAIを使っていくことを考えて行けば良いのだということがはっきり示されていました。

 

 AIが人間に取って代わるのではないか、という不安はもっともなことだと思います。しかし、AIは人間のすばらしさを際立たせてくれる存在になると感じました。

 

 番組では、将棋界の最高位・佐藤天彦名人と将棋AIポナンザの対戦を詳しく紹介していました。私には、将棋AIのポナンザの強さは、取り立てて驚くことではないように感じられました。コンピューターのハードウェアも進歩していますし、AIに取り込まれているデータの量も恐ろしい量です。人間よりも強いのは当然の帰結です。自動車が人間よりも速く走るということと同じことだと思います。将棋AIのポナンザと向き合う佐藤天彦名人の姿勢には大変感銘を受けました。

 

さて、ブログタイトルのAIカウンセリングですが、まだ実用化されていないと思います。AIカウンセリングも、そのうち実用化されてくるのではないかと、私は期待しています。AIとやりとりをして、クライエント(相談に来た人)の心が癒やされるのだろうか? という疑問をもつ人も多いようです。私は、AIのカウンセリングも人の心を癒やすことが十分できると考えています。なぜなら、カウンセリングでは、カウンセラーがクライエントの心を癒やすのではないからです。クライエント自身が自分の心を癒やすのです。カウンセラーは、クライエントがもともと持っている自分で癒えていく力が自然に働いていけるように手助けしているに過ぎません。

 

 AIカウンセリングで、心が癒えていくということは、カウンセラーがすごいのではなく、クライエント自身の心に力があるということをはっきりさせてくれるように思います。

 

 AIカウンセリングが身近な存在になる日を楽しみにしています。