お子様が発達障害かもしれないと、

と、ご心配な保護者の皆様へ

子育てカウンセリング・リソースポートは

お子様ひとり一人の個性を理解して、少しずつ着実に成長していくための工夫を一緒に考えます。

 

大切なことは「発達障害かどうか」ではありません

大切なことは、その子ひとり一人の個性や特徴に合わせて、関わり方や声のかけ方を工夫していくことなのです。

そこがずれていると、お母さんやお父さんが頑張れば頑張るほど、逆効果になったり、悪循環になってしまうこともあるのです。「発達障害」かどうかにこだわるよりも、お子様ひとり一人に合わせたかかわり方を考えることが大切です。

 

 

リソースポートにはノウハウがある

リソースポートのカウンセリングでは、“帰ってからすぐにできる”具体的なアイディアをご提案します。

 

代表 カウンセラー

リソースポート代表 半田一郎
リソースポート代表 半田一郎

半田一郎(はんだいちろう)

 

1969年(昭和44年)高知県生まれ。

土佐高等学校を卒業後、筑波大学に入学。

筑波大学修士課程教育研究科を修了。

 

資格

 学校心理士スーパーバイザー

 (学校心理士認定運営機構

 臨床心理士

 (日本臨床心理士資格認定協会

 ガイダンスカウンセラー

 (スクールカウンセリング推進協議会


・日本でスクールカウンセラーが始まった1995年からスクールカウンセラーとして現在まで22年間活動

・2017年までに、小・中・高等学校45校で活動(茨城県守谷市つくばみらい市取手市常総市坂東市など)

 

著書

「一瞬で良い変化が生じる10秒・30秒・3分カウンセリング~すべての教師とスクールカウンセラーのために~」 ほんの森出版 2017年

※アマゾンで☆5つの評価

※その他のスクールカウンセリング関する論文や著書も多数

 

 毎日の生活場面で生じる困った場面や支援が必要な場面に対して、どんなふうに声をかけたら良いか、どんなふうに関わったら良いかについて、具体的な関わり方や言い方についてのたくさんのアイディアがあります。

 豊富な事例でのカウンセリング経験はありますが、経験や勘に頼ったものではなく、解決志向アプローチや学校心理学、認知行動療法などの専門的な理論を背景としています。

 

スタッフ

カウンセラー 半田光代
カウンセラー 半田光代

半田光代(はんだみつよ)

 

【経歴】

 約25年間、茨城県内の児童相談所で児童心理司として勤務。その後、平成29年4月より「子育て科学アクシス」(南流山)のスタッフとして活動中。

 

【資格】

 臨床心理士

 EMDR(part2修了)


 私たちは、子育てと共働きの生活を続けてまいりました。特に子どもが幼い頃は、ご近所の方々やファミリーサポーターの方、保育所や学校の先生方に職場の方…など、まわりの方々のご理解とご協力なしには、綱渡りのような毎日を続けることはできませんでした。安心してSOSを出せる存在があることで、何とか乗り切れたと思うことが何度もありました。子育てには、ある意味終わりはないように思いますが、改めてこれまでの日々を振り返ると、私たち家族を支えてくださった皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 子育てが思うようにいかない時、親はどうしても原因を自分にむけてしまいがちです。困った…苦しい…つらい…などのSOSサインを、周囲の人に出しにくいのは自然なことです。子どもには、ありのままの自分が安心して出せる環境の中で、自分にしかない良さや豊かさが阻まれることなく育ってもらいたい…と誰もが強く願います。そのためには、子どもの育ちを支える大人が孤立せず、安心して手をつなぎ合えるネットワークの中にいることが大切だと考えます。

 

 これからは私たちも、お子さまが笑顔の和の中で育つお手伝いをさせていただきたいと思います。お子さまの育ちを支える安心のネットワークの中に、ぜひ私たちも参加させてください。どんなことでも結構です。どうぞお気軽にお声かけください。

 

 

本当に大切で効果的なこと

小さな良い変化を見つけ、それを増やしていくこと

ご自身がストレスをためないで、心に余裕を持つこと

子育てのサポーターを持つこと

 

「不安」を「見通し」に変えていけるように一緒に話し合っていきましょう。

 


カウンセリングでの相談を少しだけご紹介します(仮想例です)

学校から「病院で一度診てもらって下さい」って言われて、すごくショックだったんです。ADHDとか発達障害かもしれないと言うことで・・・・

急にそんなふうに言われたのは、ショックですね。お子さんのことを大切に思っているからこそ、ショックを受けるんですよね。そんなときに、ご相談くださったのは、素晴らしいですね。

・・・・。ちっとも言うことを聞かないんです。いくら叱っても全然ダメです。どなったり、叩いたりしても、大暴れして・・・。

本当に、一生懸命頑張っておられるんですね。すごく努力されているから、お疲れではないですか? お母さんの頑張りが、少しでもお子さんにとってプラスにつながれば良いですね。そのために、一緒に考えてみませんか?

ちょっと思い通りにならないと、パニックみたいになって・・・、そうなると、いくら言い聞かせようとしたりしてもダメで・・・。こっちも、イライラが爆発しそうになります。

そんなときにイライラしてしまうのはある意味自然なことですよね。ところで、お子さんはパニックなっても、いつかは自然におさまる感じですか?(ええ。まあ。)お母さんが何か上手に、気持ちを落ち着かせてあげる感じですか?

 

私が何か言うと、かえってダメな感じなんです。余計に、パニックがひどくなってしまうので・・・。だから、そっとしておくというか、放っておくといつの間にか自然に大人しくなっていたりして・・・。知らないうちに勝手に一人で遊んでいたりします。

実は、お母さんが上手に対応されていますね。何か言うと、余計にパニックがひどくなることにも、気づいていらして素晴らしいと思います。パニックの時は、基本的にあまり刺激しないことが大切ですが、お子さんをそっとしておくなど、上手くかかわっておられますね。 


時間や費用を有効に使っていただくために、以下のことをご承知おきください。

 

【カウンセリングが向いていない時】

דうちの子は、どうしようもない”とあきらめている時

דそのうち何とかなる”と考えている時

×親の言うとおりに子どもをコントロールしたい時

ד先生が変わらないとダメだ”と考えている時

×子どものダメなところを治したい時

×取りあえず、安心を保証してほしい時

 

【カウンセリングが向いている時】

〇声かけを工夫して、子どもの成長を促したい時

〇子どもと良い関係を築いて一緒に成長したい時

〇子どもの良いところを伸ばしたい時

〇病院やお薬と上手に付き合いたい時

〇先生と上手く連携して、子どもの未来を育てたい時

 

私たちリソースポートは、

カウンセリングが向いていない時も

お待ちしております。


私たちリソースポートは、“子どもを大切に思うからこそ、親が悩んだり苦しんだりしてしまう”ことを知っています。リソースポートは、“子どもを大切に思う親の気持ち”を大切に考え、お母さんやお父さんをサポートしていきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

さらに・・・

リソースポートに関心をお持ちくださった方へ。

 

●初回相談は無料になります

 リソースポートでは、初回相談(60分間)は、無料で承っております。その後のご予約は、もちろん強制ではありません。その後のカウンセリングを迷っているときには、「カウンセリングを受けるかどうか迷っているので、考えてから予約します」と言ってくだされば結構です。“自分には合わないかもしれないな”という直感は大切です。その直感を大切にすることが、お子さんやご家族を守ることにつながります。安心して、初回相談を無料でご活用ください。

 

●迷うのは自然なことです

  どんな場合でも、人に相談するのは気が重いものです。それでも、勇気を出して相談にいらっしゃるのは、お子様への気持ちがあるからだと思います。私たちリソースポートが、まず大切にしたいのは、相談にいらした方のお気持ちです。それが、お子様の幸せにつながっていると知っているからです。私たちは、不安な気持ちを抱えつつも、相談にいらした方の勇気に敬意を持ち続けていきます。相談を迷っていらっしゃる方も、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。