知能検査(WISCⅣ)の実施

 リソースポートでは、個別式の知能検査(WISCⅣ)を実施することができます。

 

WISC-Ⅳについて

WISC-Ⅳ(ウィスク・フォー)は、5歳0カ月~16歳11カ月のお子様を対象としている個別式の知能検査です。

WISC-Ⅳでは、脳の情報処理能力を大まかに4種類に分けて、その4種類の高低を調べることができます。例えば、“耳で聞いて理解する力よりも、目で見て考える力が高い”などということがわかるのです。お子様のそういった特徴がわかれば、働きかけ方を工夫したり、勉強の方法を工夫したりすることがやりやすくなります。

 

 

WISCーⅣの実施までの流れ

 WISC-Ⅳなどの知能検査を利用したいとのお考えの場合には、事前の打ち合わせが必要です。また、実施には、90分以上の時間がかかりますので、50分の枠が2回分必要となります。1回で90分の時間を取って実施すると、集中力が切れたりして結果が影響を受けますので、数日の間隔を空けて2日間で実施することが必要です。また、検査結果をお伝えする場合にも、数値や本人の特徴についての解説を行いますので、1回分(50分)の枠が必要となります。

 

流れは以下のようになります

1.知能検査の必要性について保護者様と検討

 ※お子様への勧め方についても打ち合わせます。

2.知能検査の実施(前半)

 ※お子様に来ていただいて実施します。

3.知能検査の実施(後半)

 ※前半の実施とは数日程度の期間を空けます。

4.知能検査結果についての説明・解説

 ※結果について採点や分析が必要ですので、実施後1週間程度の期間を空けます。

 

各回についての費用は、通常のカウンセリングと同じです(追加の費用はありません)。なお、文書の発行が必要な場合には、別途3,000円の料金がかかります。

 

 

WISCーⅣ実施に当たっての注意事項

  • 前回の実施から1年以上の期間が空いていることが必要です。

 もし、以前に検査を受けたことがある場合には、1年以上の期間を空けてから受けることになります。

 

  • お子様がひとりで受けることが原則です。

 基本は、保護者様の同席はせずに、お子様がお一人で検査を受ける形となります。お子様が小さい場合には、同室で待っていただいたり、リソースポート内の別室でお待ちいただくこともできます。この場合、かえってお子様の集中の妨げになることがあります。こういったことから、基本はお子様一人での検査となります。お子様が検査を受けている間は、保護者様は他の場所などで終了時間までお過ごしください。