ケースコンサルテーションを提供します

 多くの人にとって、ケースコンサルテーションという言葉は聞き慣れないかもしれません。一般的には、スーパービジョン(SV : Super Vision)と言うことが多いかもしれません。スーパービジョンでもケースコンサルテーションでも、ケースの支援に関して、具体的に支援のプロセスを検討し、これから先に良い支援を提供するための方法やかかわり方を検討します。しかし、本来SV(スーパービジョン)には、監視、監督という意味があります。したがって、トレーニング中に指導者から指導を受ける場合や職場の上司から指導を受ける場合には、SVという言葉を使うことが適切な場合が多いでしょう。しかし、リソースポートで提供できるサービスは、監視でも監督でもありませんし、指導でもありません。したがって、SVと呼ぶことは適切とは言えません。そこで、事例について一緒に考えるという意味を込めてケースコンサルテーションという言葉を使っております。

 

私自身のスーパービジョン体験から

 私自身が以前に、スーパービジョンを受けたときの体験を紹介します。これもやはりケースコンサルテーションと呼ぶことが適切と思われますが、「スーパービジョン」と呼ばれていましたので、今回はそれに基づいて「スーパービジョン」という言葉を使って書かせていただきます。

 

夢の中のスーパーバイザー

 10年近く前のことになります。遠方での実施でしたが、SVへの期待も大きく受けに行くことにしました。資料を作成したりSVの準備を整えて、前日になりました。期待と不安でなかなか寝付けなかったような記憶があります。そしてその夜に夢を見ました。夢の中でも私はSVを受けていました。スーパーバイザーは、今回のSVのスーパーバイザーではなく私の尊敬する高名な臨床家のように見えました。夢の中のスーパーバイザーは、私の報告に、「このケースはまだ始まってなかったんだね。」と言ったのです。私にはその言葉が腑に落ちるようにじわっとしみこんでくるように感じられました。夢はそこまででした。

 

 ケースコンサルテーション(スーパービジョン)の働きは結局こういうことなのではないかと思います。夢の中のスーパーバイザーは、ある意味私自身です。つまり「まだ、始まっていなかったのだ」と自分自身ですでに気づいていたのです。しかし、それをはっきりと意識することができないでいました。SVを受けるということになって、色々と物理的な準備や心理的な準備をする中で、少しずつ心が動いて、気づきがはっきりとしてきたのでしょう。

 

 本当に役に立つSVというのは、自分自身が既に何となく感じていることを、よりしっかりと気づかせてくれるというものではないかと思います。こんなふうに皆さんのお役に立てるかどうかは分かりませんが、リソースポートでは、新しく何かを学ぶということよりも、自分自身が何となく気づいている「何か」によりはっきりと気づくことを目指していきます。

 

 

 

ケースコンサルテーションの利用方法

 ケースコンサルテーションは、主としてスカイプなどのネットサービスを利用して行います。事前に、メールなどで申し込みをしていただき、日時を決定してから、費用をお支払いいただきます。当日までにお支払いが確認できない場合は、キャンセル扱いとさせていただきます。お支払いは、銀行振込か"STORES.jp"のサイトを利用してお支払いください。お支払い方法に関しても、事前のメールで詳しく打ち合わせをさせていただきます。

 

料金:1回6000円(50分)