お子さまが、ゲームのやり過ぎ

と、ご心配な保護者の皆様へ

 

 小学生や中学生のお子様は、スマホやゲーム機でゲームにはまってしまって、いつもゲームばかりやっているということも多いと思います。中には、本当に一日中ゲームばかりやっていて、まったく勉強もしない、お風呂にも入らない、食事にもなかなかやってこないなどということもあります。

 

 子どもたちの生活の状況を分かりやすく図に表すと、以下のようになります。

ゲームをやりすぎの状態

 左側は、ゲームとうまく付き合えていて、【適切な行動】がしっかりと行えている状態です。【適切な行動】というのは、ご家庭やご本人の置かれている状況によって違いますが、【お手伝いをする】【宿題をする】【家族とおしゃべりをする】などです。

 右側は、ゲームをやりすぎている状態で、【適切な行動】が非常に小さくなっています。こういった状態の時に、『ゲームをどうやって減らすか』にこだわってしまいがちです。しかし、実は、【適切な行動】を増やしていくことを考えることも非常に大切です。【適切な行動】が増えると、結果的にゲームが減るからです。ゲームを減らすことが難しい場合でも、【適切な行動】は増やすことができる場合も多いからです。

 

なぜゲームをやりすぎてしまうのか?

 

 子どもがゲームをやりすぎてしまうのは、単に【ゲームが楽しいから】という理由だけではありません。【ストレス】や【マイナスの感情】と関連した心理的なメカニズムが働いています。それによって、ゲームのやりすぎが起きてしまいます。

 そのメカニズムを図に示してみました。

なぜゲームをやりすぎてしまうのか?

 ※直接のきっかけ:ゲーム内のイベント、友達との約束

 

 こういったメカニズムを理解した上で、お子様への関わりを工夫していくことが、ゲームのやりすぎを防ぐことにつながります。

 

「ゲーム障害」「ゲーム依存」の解説と家庭での対応については、以下のページをご参照ください。

 ゲームのやり過ぎ(ゲーム障害・ゲーム依存)への対応

 

 

ゲームをやめる時・していない時はどんな時ですか?

 

 例えば、親としては「ずっとゲームばっかりやっている」と思えるときでも、実際にはゲームをやっていない時間があります。例えば、【トイレに入っている時】には、ゲームをしていないことがほとんどです。【お風呂に入っている時】にも、ゲームをしていないこと多いと思います。

 【ゲームをやめる時】や【ゲームをしていない時】が多くなれば、【ゲームのやりすぎ】から少し抜け出すことができます。そのためには、ゲームをやめる時に注目して、どんなことが起きているのか細かく見ていくことも大切です。

 

良いコミュニケーションを保つことも大切です

  

 上のようなメカニズムを理解して、お子様への関わり方を工夫して、ゲームとうまく付き合っている状態に近づいていくことが大切です。しかし、そのためには、お子様との良いコミュニケーションが大切となります。コミュニケーションが良いと、相手への影響力が高まります。

 一方、ゲームを何とかやめさせようとして一生懸命にお子様にかかわっている場合には、コミュニケーションが険悪になりがちです。

 

 関わり方を工夫して、良いコミュニケーションを保って、ゲームをやっていない時間を少しずつ増やしていくことが、スタートになると思います。

 

【ゲームのやりすぎ】の相談もお気軽にどうぞ

 

 リソースポートではゲームに関するご相談も数多く承ってきました。お子様が【ゲームのやりすぎ】を直そうと思って、カウンセリングに来ることはほとんどありません。保護者様との相談を継続する中で、少しずつ良い方向へ向かっていくことが大半です。

 

 ご家庭での具体的な場面に沿って、声かけの方法や関わり方を一緒に考えて、具体的な方法をご提案いたします。

 

例えば、【ゲーム機を取り上げようとしても、大暴れされてしまって取り上げられない】【ゲームをやめるように言うと返事はするが、なかなかゲームをやめられない】など、ご家庭毎に生じていることは様々だと思います。細かな状況や保護者様のお考えをお聞きしながら、関わり方の方法を一緒に考えて参ります。

 

初回相談を無料でお試しください

初回相談(60分間)は無料です。

カウンセリングを受けるかどうか迷うよりも

無料で私たちのカウンセリングをお試しください。

そして、皆様のお役立つかどうか、ご判断ください。

つくばみらい市からもお電話をどうぞ

私たちリソースポートは、“子どもを大切に思うからこそ、親が悩んだり苦しんだりしてしまう”ことを知っています。リソースポートは、“子どもを大切に思う親の気持ち”を大切に考え、お母さんやお父さんをサポートしていきます。

初回無料相談をお試しください

初回相談は無料です。

カウンセリングを受けるかどうか迷うよりも

無料で私たちのカウンセリングをお試しください。

そして、皆様のお役立つかどうか、ご判断ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

さらに・・・

リソースポートに関心をお持ちくださった方へ。

 

●初回相談は無料になります

 リソースポートでは、初回相談(60分間)は、無料で承っております。その後のご予約は、もちろん強制ではありません。その後のカウンセリングを迷っているときには、「カウンセリングを受けるかどうか迷っているので、考えてから予約します」と言ってくだされば結構です。“自分には合わないかもしれないな”という直感は大切です。その直感を大切にすることが、お子さんやご家族を守ることにつながります。安心して、初回相談を無料でご活用ください。

 

●迷うのは自然なことです

  どんな場合でも、人に相談するのは気が重いものです。それでも、勇気を出して相談にいらっしゃるのは、お子様への気持ちがあるからだと思います。私たちリソースポートが、まず大切にしたいのは、相談にいらした方のお気持ちです。それが、お子様の幸せにつながっていると知っているからです。私たちは、不安な気持ちを抱えつつも、相談にいらした方の勇気に敬意を持ち続けていきます。相談を迷っていらっしゃる方も、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。