お子様がHSC・HSPかもしれない

と、ご心配な保護者の皆様へ

 HSCやHSPは、最近できた捉え方です。HSCとは、Highly Sensitive Child(ハイリー・センシティブ・チャイルド)、HSPとは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略称です。直訳すると、「高度に敏感な子ども(人)」となります。

 この言葉は、最近非常によく聴くようになりました。きっと、お子様がHSCかもしれないと悩んでいるお父様お母様が多いのではないかと想像しています。

 

 HSC・HSPは心理学や医学の世界ではっきりとした共通理解が得られた考え方ではありません。もちろん、診断名ではありません。でも、子どもたちの成長を支えていくためには、大切な考え方だと思います。

 

HSC・HSPの4つの特徴

HSP/HSCには4つの特徴があると言われています。

1つめは、「処理の深さ」です。感覚的な刺激を強く、深く受け取り、処理する傾向があるということです。

2つめは、「刺激の受けやすさ」です。感覚や刺激を遮断したりマイルドにするフィルターが弱く、一度に多くの刺激が心に入り込んでくる傾向があるということです。

3つめは、「情緒的な反応と高い共感性」です。人の考えや気持ちを察知してしまい、感情的に揺さぶられやすい傾向があるということです。

4つめは、「些細な刺激に対する感受性」です。五感が鋭く、様々な刺激をキャッチしてしまう傾向があるということです。

 

HSC・HSPでは、こういった特徴は、生まれながらの特徴(気質)だと考えられています。

 

HSC・HSPは、発達障害の一種でしょうか?

 HSC・HSPと「発達障害」は、似ている面があります。一つは、感覚への過敏さがあるという点です。また、HSC・HSPも「発達障害」も、生まれながらの特徴であるという点では基本的に同じです。

 しかし、「発達障害」は、医学的な診断ですので、厳密な定義があって、それを満たしているかどうかは医学的に判断されるものです。上でも書いたように、HSC・HSPは、共通理解が得られた考え方ではありません。その点では、全く正反対です。つまり、HSC・HSPと「発達障害」が同じものか、HSC・HSPは「発達障害」の一種かどうかは、はっきりとしたことを言うことができない状況です。

 

 

 

HSC・HSPか「発達障害」かではなく、子どもひとり一人を理解すること

 私たちリソースポートでは、HSC・HSP、「発達障害」という点からお子様を理解するのではなく、そのお子様一人ひとりの特徴を理解することを大切にしています。

 HSCのお子様も一人ひとり、特徴が違っていると思います。もちろん、発達障害のお子様もひとり一人特徴が違っています。だからこそ、「HSCだから、○○という対応が良い」と考えるのではなく、「音には特に敏感な傾向があるから、○○という対応が良い」と考えることが大切なのです。

 つまり、HSC・HSPかどうか、「発達障害」かどうかと考えて、この2つを区別して子どもを理解しようとするのではなく、一人ひとりのお子様の特徴を考えることが大切なのです。

 

 

HSC・HSPと区別するべきこと

HSC・HSPと区別して考える方が良いことがあります。それは、持って生まれた特徴ではないものです。例えば、小学校で友達からいじめを受けていたり、先生から厳しい指導を受けていたりして、心理的に大きな負担を受けている場合があります。そういった場合も、刺激に敏感になったり、感情的に揺さぶられやすくなったりすることがあります。HSC・HSPと似た状態に見えることがあるのです。

 

HSC・HSPは持って生まれた特徴ですから、その特徴を生かしたり、その特徴に上手に対処したりすることが基本です。何らかの原因で心に負担がかかっている場合は、その負担を軽減したり、その負担に対処することが基本になります。子どもへのサポートの方向性が違ってくるのです。

 

従って、何らかの心への負担が生じて、HSC・HSPに似た状態になっているのか、生まれ持った特徴がHSC・HSPに近いのかは、区別して考える必要があります。HSC・HSPの特徴に当てはまるから、HSC・HSPだと考えて、お子様をサポートしてしまうと、心に負担がかかっていることを見逃してしまう危険性があるのです。

 

私たちリソースポートは、臨床心理やカウンセリングの専門的な立場から、この2つを区別して捉えられるように注意して支援しております。もちろん、HSC・HSPの特徴があって、さらに、心に負担がかかる出来事があって、余計に辛い状況に陥っている子どもたちもいます。その場合も、HSC・HSPとしてサポートするべき部分と、心の負担に対処することを丁寧に分けて考えることが大切になります。こういった場合ほど、専門的な支援が必要なのです。

  

感覚プロファイルの活用

  心に負担が加わっていて刺激に敏感になったり感情的に揺さぶられやすくなっている場合と、HSC・HSPの特徴があるということを、丁寧に分けて理解していくためには、いくつかの方法から多面的に理解することが役立ちます。

 保護者様から詳しくお話をお聴きすることも大切です。また、リソースポートでは「感覚プロファイル」という質問票(心理検査)を活用をお勧めしております。

 

 

 「感覚プロファイル」は、きちんとした研究によって作成された質問票です。お子様の感覚刺激の受け止め方や反応の特徴について、多くのチェック項目を保護者様が評定(チェック)する形式です。お子様の持つ感覚の特徴が整理されて詳細に分かる子ども理解のツールです。しかも、保護者様が評定するものですので、お子様への負担は全くありません。なお、中学生上の場合、お子様ご本人用の質問票もあります。

 しかも「感覚プロファイル」は、結果に合わせて、お子様への関わり方や対処方法への指針が得られます。家庭での関わり方や学校や保育所・幼稚園でのサポート方法について具体的なアイディアが得られます。特徴を理解して終わりではなくて、実際のサポート方法につなげることが大切ですので、「感覚プロファイル」は意味が大きいと思います。

 

 「感覚プロファイル」の実施は心理検査費用として1,000円となります。実施後に保護者様(お子様ご本人様)とのカウンセリングで解釈や解説をお伝えします。もし、文書で所見が必要な場合には、文書料が3,000円となります。

 

WISC-Ⅳ知能検査

また、さらに詳しくお子様を理解していくためには、WISC-Ⅳ知能検査を実施することも非常に役立ちます。「感覚プロファイル」と合わせて実施することによって、多面的に理解することができます。

 

WISC-Ⅳ知能検査については、以下のページをご参照ください。

知能検査(WISC-Ⅳ)の実施

 

お子様の個性や特徴に合わせたかかわり方のアイディアをお伝えします。

 保護者様がお困りのことや解決したいことについて、よく聴かせていただきます。そして、お子さまの特徴や個性に合わせた方法を一緒に考えていきます。そして、ご家庭ですぐにできる具体的なアイディアをご提案します。

 リソースポートのカウンセリングは、「“帰ってからすぐにできること”がわかる」カウンセリングです。

 

初回相談を無料でお試しください

初回相談(60分間)は無料です。

カウンセリングを受けるかどうか迷うよりも

無料で私たちのカウンセリングをお試しください。

そして、皆様のお役立つかどうか、ご判断ください。

つくばみらい市からもお電話をどうぞ

私たちリソースポートは、“子どもを大切に思うからこそ、親が悩んだり苦しんだりしてしまう”ことを知っています。リソースポートは、“子どもを大切に思う親の気持ち”を大切に考え、お母さんやお父さんをサポートしていきます。

初回無料相談をお試しください

初回相談は無料です。

カウンセリングを受けるかどうか迷うよりも

無料で私たちのカウンセリングをお試しください。

そして、皆様のお役立つかどうか、ご判断ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

さらに・・・

リソースポートに関心をお持ちくださった方へ。

 

●初回相談は無料になります

 リソースポートでは、初回相談(60分間)は、無料で承っております。その後のご予約は、もちろん強制ではありません。その後のカウンセリングを迷っているときには、「カウンセリングを受けるかどうか迷っているので、考えてから予約します」と言ってくだされば結構です。“自分には合わないかもしれないな”という直感は大切です。その直感を大切にすることが、お子さんやご家族を守ることにつながります。安心して、初回相談を無料でご活用ください。

 

●迷うのは自然なことです

  どんな場合でも、人に相談するのは気が重いものです。それでも、勇気を出して相談にいらっしゃるのは、お子様への気持ちがあるからだと思います。私たちリソースポートが、まず大切にしたいのは、相談にいらした方のお気持ちです。それが、お子様の幸せにつながっていると知っているからです。私たちは、不安な気持ちを抱えつつも、相談にいらした方の勇気に敬意を持ち続けていきます。相談を迷っていらっしゃる方も、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。