お子様が発達障害かもしれない、

と、ご心配な保護者の皆様へ

 お子様のことを大切に思うからこそ、心配されていると思います。でも、その心配は、なかなか解消されていないかもしれません。調べれば調べるほど心配になることもあります。医療機関を受診したにもかかわらず、余計に心がモヤモヤすることもあります。心配が解消されず、お子様にプラスとなる道筋も見つかりにくいことが多いようです。

 また、最近は「グレーゾーン」という言葉もよく使われています。しかし、「グレーゾーン」という言葉は、「発達障害」という概念よりも、もっと中身がハッキリしていない言葉です。「グレーゾーン」だと言われると、迷いが深まったり、考えが混乱することも、ある意味自然なことです。

 子育てカウンセリング・リソースポートでは、「発達障害かもしれない」「グレーゾーンと言われた」とご心配されている保護者様のお気持ちを大切にします。そして、お子様にとってプラスになる道筋を保護者様と一緒に探していきます。お子様ひとり一人の個性を理解して、少しずつ着実に成長していくための具体的な工夫を一緒に考えます。(次のブログ記事ももお読みください。「発達障害グレーゾーンとは」)

 

大切なことは「発達障害かどうか」ではありません。

 大切なことは、その子ひとり一人の個性や特徴に合わせて、関わり方や声のかけ方を工夫していくことなのです。そこがずれていると、保護者様が頑張れば頑張るほど、逆効果になったり、悪循環になってしまうこともあるのです。「発達障害」かどうかにこだわるよりも、お子様ひとり一人に合わせたかかわり方を考えることが大切です。

  

「グレーゾーン」かどうか決めることも大切なことではありません。

 「発達障害」という診断を受けたお子様ひとり一人の特徴や個性は、本当にひとり一人違っています。「グレーゾーン」と呼ばれているお子様は「発達障害」のお子様よりも、さらにもっと特徴や個性は様々です。「グレーゾーン」であると言われたとしても、その子どもがどんな特徴から「グレーゾーン」とされているのかは、様々です。だからこそ、お子様の個性や特徴を知って、お子様に合った関わり方を工夫することが大切です。『「男」だから〇〇だ』と決めつけることがあまり意味がないことと同じで、「グレーゾーンだから〇〇だ」と考えることもあまり意味がありません。「~だから」と考えることよりも、ひとり一人の違いを考えることの方が大切なのです。

 

病院で診断がつかないことは良くあることです。

 病院では、世界で共通の診断基準を使って厳密に診断が行われています。病院では、ハッキリと「発達障害」だと言える子どもたちについて診断をおこないます。診断基準を満たしていない子どもたちは、医療的には「発達障害」ではないのです。そのため、保護者様がどんなにご心配されていても、病院ではそのご心配に応えてくれないということも生じてきます。

 

「病院ではない」からこそ、できることがあります。

 リソースポートは病院・医療機関ではありません。そのため「診断」は行えません。実は、これは大きなメリットです。リソースポートでは、診断の「ある」「なし」にこだわらず、お子様や保護者様をサポートしていくことができます。つまり、保護者様のご心配にあわせてサービスを提供していくことができるのです。

 

リソースポートが提供できること

お子様の個性や特徴をわかりやすくお伝えします。

 ひとり一人が違っているからこそ、お子様の個性や特徴を理解することが大切です。そのために、リソースポートでは、様々な方法を使って、様々な視点からお子様の理解を深めていきます。

  • その場での観察
  • お子様からの聞き取り
  • 保護者様からの聞き取り
  • 個別式知能検査

 様々な視点から情報を集めて、それらから総合的に判断して、お子様の特徴や個性を理解していきます。そして、それを保護者様にお伝えして、一緒に考えていきます。

 「〇〇という特徴があります」というだけではなく、それがどんな所からそう言えるのかということをお伝えします。また、その特徴が日常生活の中でどんなふうに現れてくるのかについてもお伝えします。できるだけ保護者様から「なるほど」と思っていただけるようにお伝えしたいと思っております。

 

お子様の個性や特徴に合わせたかかわり方のアイディアをお伝えします。

 保護者様がお困りのことや解決したいことについて、よく聴かせていただきます。そして、お子さまの特徴や個性に合わせた方法を一緒に考えていきます。そして、ご家庭ですぐにできる具体的なアイディアをご提案します。

 リソースポートのカウンセリングは、「“帰ってからすぐにできること”がわかる」カウンセリングです。

 

初回相談を無料でお試しください

初回相談(60分間)は無料です。

カウンセリングを受けるかどうか迷うよりも

無料で私たちのカウンセリングをお試しください。

そして、皆様のお役立つかどうか、ご判断ください。

つくばみらい市からもお電話をどうぞ

カウンセリングでの相談を少しだけご紹介します(仮想例です)

学校から「病院で一度診てもらって下さい」って言われて、すごくショックだったんです。ADHDとか発達障害かもしれないと言うことで・・・・

急にそんなふうに言われたのは、ショックですね。お子さんのことを大切に思っているからこそ、ショックを受けるんですよね。そんなときに、ご相談くださったのは、素晴らしいですね。

・・・・。ちっとも言うことを聞かないんです。いくら叱っても全然ダメです。どなったり、叩いたりしても、大暴れして・・・。

本当に、一生懸命頑張っておられるんですね。すごく努力されているから、お疲れではないですか? お母さんの頑張りが、少しでもお子さんにとってプラスにつながれば良いですね。そのために、一緒に考えてみませんか?

ちょっと思い通りにならないと、パニックみたいになって・・・、そうなると、いくら言い聞かせようとしたりしてもダメで・・・。こっちも、イライラが爆発しそうになります。

そんなときにイライラしてしまうのはある意味自然なことですよね。ところで、お子さんはパニックになっても、いつかは自然におさまる感じですか?(ええ。まあ。)お母さんが何か上手に、気持ちを落ち着かせてあげる感じですか?

 

私が何か言うと、かえってダメな感じなんです。余計に、パニックがひどくなってしまうので・・・。だから、そっとしておくというか、放っておくといつの間にか自然に大人しくなっていたりして・・・。知らないうちに勝手に一人で遊んでいたりします。

実は、お母さんが上手に対応されていますね。何か言うと、余計にパニックがひどくなることにも、気づいていらして素晴らしいと思います。パニックの時は、基本的にあまり刺激しないことが大切ですが、お子さんをそっとしておくなど、上手くかかわっておられますね。 


私たちリソースポートは、“子どもを大切に思うからこそ、親が悩んだり苦しんだりしてしまう”ことを知っています。リソースポートは、“子どもを大切に思う親の気持ち”を大切に考え、お母さんやお父さんをサポートしていきます。

初回無料相談をお試しください

初回相談は無料です。

カウンセリングを受けるかどうか迷うよりも

無料で私たちのカウンセリングをお試しください。

そして、皆様のお役立つかどうか、ご判断ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

さらに・・・

リソースポートに関心をお持ちくださった方へ。

 

●初回相談は無料になります

 リソースポートでは、初回相談(60分間)は、無料で承っております。その後のご予約は、もちろん強制ではありません。その後のカウンセリングを迷っているときには、「カウンセリングを受けるかどうか迷っているので、考えてから予約します」と言ってくだされば結構です。“自分には合わないかもしれないな”という直感は大切です。その直感を大切にすることが、お子さんやご家族を守ることにつながります。安心して、初回相談を無料でご活用ください。

 

●迷うのは自然なことです

  どんな場合でも、人に相談するのは気が重いものです。それでも、勇気を出して相談にいらっしゃるのは、お子様への気持ちがあるからだと思います。私たちリソースポートが、まず大切にしたいのは、相談にいらした方のお気持ちです。それが、お子様の幸せにつながっていると知っているからです。私たちは、不安な気持ちを抱えつつも、相談にいらした方の勇気に敬意を持ち続けていきます。相談を迷っていらっしゃる方も、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。