代表 カウンセラー

半田一郎(はんだいちろう)

 

1969年(昭和44年)高知県生まれ。

土佐高等学校を卒業後、筑波大学に入学。

筑波大学修士課程教育研究科を修了。

資格

 学校心理士スーパーバイザー

 (学校心理士認定運営機構
 臨床心理士

 (日本臨床心理士資格認定協会
 ガイダンスカウンセラー

 (スクールカウンセリング推進協議会


代表カウンセラー

半田一郎(はんだいちろう)

【経歴】

・日本でスクールカウンセラーが始まった1995年からスクールカウンセラーとして現在まで22年間活動。

・2017年までに、茨城県内の小学校31校、中学校22校、高等学校2校で活動(茨城県守谷市つくばみらい市取手市常総市坂東市など)

【主な著書】

一瞬で良い変化を起こす10秒・30秒・3分カウンセリング:すべての教師とスクールカウンセラーのために」平成29年1月ほんの森出版

「児童心理」(金子書房)や「月刊 学校教育相談」(ほんの森出版)にて掲載。

 

 

 

スタッフ

半田光代(はんだみつよ)

 

【経歴】

 約25年間、茨城県内の児童相談所で児童心理司として勤務。その後、平成29年4月より「子育て科学アクシス」(千葉県流山市南流山)のスタッフとして活動中。

 

【資格】

 臨床心理士

 (日本臨床心理士資格認定協会

 EMDR(part2修了)


私たちの思い

 私たちは、子育てと共働きの生活を続けてまいりました。特に子どもが幼い頃は、ご近所の方々やファミリーサポーターの方、保育所や学校の先生方に職場の方…など、まわりの方々のご理解とご協力なしには、綱渡りのような毎日を続けることはできませんでした。安心してSOSを出せる存在があることで、何とか乗り切れたと思うことが何度もありました。子育てには、ある意味終わりはないように思いますが、改めてこれまでの日々を振り返ると、私たち家族を支えてくださった皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 子育てが思うようにいかない時、親はどうしても原因を自分にむけてしまいがちです。困った…苦しい…つらい…などのSOSサインを、周囲の人に出しにくいのは自然なことです。子どもには、ありのままの自分が安心して出せる環境の中で、自分にしかない良さや豊かさが阻まれることなく育ってもらいたい…と誰もが強く願います。そのためには、子どもの育ちを支える大人が孤立せず、安心して手をつなぎ合えるネットワークの中にいることが大切だと考えます。

 

 これからは私たちも、お子さまが笑顔の和の中で育つお手伝いをさせていただきたいと思います。お子さまの育ちを支える安心のネットワークの中に、ぜひ私たちも参加させてください。どんなことでも結構です。どうぞお気軽にお声かけください。