心理教育プログラム例

 スクールカウンセラーが、教室で心理学やカウンセリングの理論に基づいた、心理教育的なプログラムを実践することが求められています。

 文部科学省の教育相談等に関する調査研究協力者会議が平成29年1月にまとめた「児童生徒の教育相談の充実について ~学校の教育力を高める組織的な教育相談体制づくり~ (報告) 」では、未然防止、早期発見や早期の支援が重視されています。そして、スクールカウンセラーの職務内容として、「(4)児童生徒の困難・ストレスへの対処方法、児童生徒への心の教育に資する全ての児童生徒を対象とした心理教育プログラム等の実施」が挙げられています。

 1対1のカウンセリングだけではなく、教室で多くの子どもちに支援していくことが求められているのです。

 そういう場面で、プログラムを展開していくノウハウが色々と積み重ねられてきています。筆者も、色々な資料を参考にしながら、少しずつ実践を続けてきました。

 そういった中で、オリジナルでプログラムを工夫して実践したものもあります。子どもたちの反応もよいように感じましたので、授業プログラム案をスクールカウンセラーの皆さんに提供したいと思います。

 授業案やワークシートの著作権は、子育てカウンセリング・リソースポートが保持しておりますので、無断転載は禁止いたします。スクールカウンセラーが勤務校で実践する場合には、ご自由にお使い下さい。

ダウンロード
レーダーチャートを使って感情を深く感じる心理教育プログラム実施案
認知行動療法の考え方を学ぶ導入になる心理教育プログラム。感情をグラフ化することにより感情コンピテンスを高める基礎作りを図る。さらに、思考を変えることによって感情が変化することを体験的に学んでもらうことを目指す。
レーダーチャートを使って感情を深く感じる心理教育プログラム実施案.pdf
PDFファイル 270.8 KB