カテゴリ:小学生



臨床家のためのゲーム障害における保護者支援
専門職向け · 18日 6月 2020
ネット・ゲーム依存回復支援サービスMIRA-i(ミライ)の森山沙耶先生とのコラボレーション企画で、ZOOMを使ったオンラインセミナーを開催することとなりました。...

小学生の男の子と女の子
専門職向け · 01日 5月 2020
 コロナウイルス対策の一環で、3 月上旬から学校が休校となりました。そのまま春休みを経て緊急事態宣言に伴う休校となり、長期間の休みとなりましたが、地域の実情に合わせて、少しずつ学校が再開されくることだと思います。それぞれの市町村や学校が感染対策を行いながら子どもたちを学校に迎え入れることとなります。...

辛い気持ちの生徒
子育てのヒント · 28日 1月 2020
 『茨城県いじめの根絶を目指す条例』が、2019年12月20日に茨城県議会で可決されました。2020年4月1日施行となります。  茨城県のホームページには、条例が公開されています。  『茨城県いじめの根絶を目指す条例』(PDF)

不登校支援のカウンセリングアプローチ
お勧め情報 · 10日 1月 2020
東京大志学園千葉校で行われる講演会でお話しします。 東京大志学園では、昨年(2019年2月9日)も「子育てに悩んでいる全ての大人へ 小さな工夫で子どもを支える3分でできるカウンセリング技法」というテーマでお話をさせていただきました。今年は、不登校の子どもたちの課程でのかかわり方に焦点を当ててお話ししたいと思います。...

専門職向け · 11日 12月 2019
本を紹介したいと思います。  東京学芸大学教授の大河原美以先生の書かれた『子どもたちの感情を育てる教師のかかわりー見えない「いじめ」とある教室の物語ー』(明治図書)という本です。
つぶやき · 04日 12月 2019
SOSの出し方教育が少しずつ行われています。 SOSの出し方教育では、子どもたちに少なくとも3人の大人に相談するように求めています。 ところで、悪意を持った大人が、辛い気持ちを抱えている子どもたちに悪意を隠して近づき、子どもに様々な加害行為を行っていることが報道されています。...
泣いている小学生
子育てのヒント · 29日 10月 2019
 いじめの被害があってお子様が辛い思いをしているときに、学校と連絡したり学校にお願いをしたり、学校との対応が色々と生まれてくると思います。  その時のポイントを3つ紹介します。 欠席の連絡では、「いじめの被害で辛い」と伝える いじめを行った子どもから謝罪を受けることは急がない 学校に文書で気持ちや考えを伝える

学校の教室
子育てのヒント · 28日 10月 2019
いじめの被害を受けた子どもたちが、周囲から「考えすぎ」「被害妄想」などと言われてさらに傷ついてしまうことが多いように思います。それは、いじめの被害による心の傷つきについての理解が不足しているからだと思います。 骨折の場合と比較して、いじめによる心の傷つきについて解説してみました。いじめが生じていなくても心の痛みが生じてしまうことは、骨折と比較するとよく分かると思います。

いじめ:その理解と予防に向けた取り組み
お勧め情報 · 05日 10月 2019
子育てカウンセリング・リソースポート代表の半田一郎が12月14日(土)に文教大学生涯学習センター教育課題解決セミナーに話題提供者としてお話しします。

コミュニケーション支援教室UB
お勧め情報 · 01日 10月 2019
 言語聴覚士の千本先生が、守谷市で児童発達支援事業・放課後等デイサービスを始められました。10月1日に、リソースポートまでわざわざ来てくださいました。活動の状況や先生のお考えをお聞きすることができました。

さらに表示する