子どもがカウンセリングに行きたがらない場合

 学校を休みがちになったりとか、学校で落ち着きがないようだとか、学校で友だちとトラブルになっているとか、そういう場合に、お子様をカウンセリングに連れて行きたいと考えることも多いと思います。子どもをカウンセリングに連れて行くには、「子どもにカウンセリングを勧める方法」でお伝えしたように、子どもへの伝え方や促し方の工夫が必要です。

 しかし、それでも子どもが行きたがらない場合も多いと思います。無理して行かせるよりも、まずは保護者がカウンセリングを利用してみることをお勧めします。子どもに会うかどうかを保護者の視点で確認してみることもできますので、いきなり子どもを行かせるよりも、安心な面もあります。

 お勧めは、カウンセラーに聞いてきて欲しいことがあるかどうかは、子どもに投げかけておく方法です。子どもの答えはなくても構わないのです。一瞬でも、「何か聞いておくことがあるかな?」と考えてみることが、次にカウンセリングを利用することにつながってきます。また、子どもから、聞いて欲しいことが出なかったときには、「○○のことを聞いてくるよ」と子どもにも伝えておくことも一つですね。

 保護者がカウンセラーを利用した場合には、今回のカウンセリング面談のことを子どもにどんなふうに伝えるのかは、カウンセラーに確認してみることもお勧めします。それを参考にして、子どもにカウンセリングのことを伝えていくことは、次に子ども自身が相談に行くことにつながると思います。

 また、必ずしも、子どもがカウンセリングを受けることは必要ではありません。保護者が、家庭で子どもとどんなふうに関われば良いかについてカウンセラーと相談していくことで、より良い方向へ動き始めたりすることは多いものです。

 いずれにしても、子どもを無理矢理にカウンセリングに連れて行くよりも、まずは、保護者がカウンセリングを利用してみることも良い方法だと思います。