コラム

発達障害グレーゾーン
コラム · 18日 4月 2018
NHKあさイチで発達障害の特集を放送していました。特に、「発達障害グレーゾーン」と呼ばれる子どもたちや保護者の方が色々と苦労が多くなってしまう現状が紹介されていました。『発達障害のグレーゾーン』のとは何かということが気になりますが、番組では、一応、「専門家に発達障害の可能性を指摘されたものの、医師によるはっきりとした診断はついていない状態」と定義していたようです。

不登校からの変化の波
コラム · 17日 4月 2018
不登校からの回復は、波のように良い悪いを繰り返しながら、進んでいきます。大切なことは、波のどこを見ていくのかということです。

コラム · 13日 4月 2018
いじめを行った子どもに指導する際には、感情面に働きかけることが大切だといわれています。「心の専門家」であるスクールカウンセラーも、専門性を活かして、いじめを行った子どもへも関わっていくことが大切な仕事だと思います。

コラム · 12日 4月 2018
千と千尋の神隠しに出てくるカオナシは、精神的に未成熟な状態にあると考えられます。しかし、物語の終盤で、成長していける可能性が描かれています。それは、「ともに眺める関係」を持てるようになったことです。そのいきさつには千尋が一役買っていました。
コラム · 12日 4月 2018
千と千尋の神隠しに出てくるカオナシというキャラクターは顔がないから「顔なし」なのでしょうか? 仮面をかぶっているようにも見えますが、どうなのでしょうか? そのあたりについて考えてみました。
コラム · 12日 4月 2018
千と千尋の神隠しに登場するカオナシは、ともに眺める関係という社会的な関係を持つことができません。そういう意味で精神的に未成熟な状態にあると考えられます。
コラム · 11日 4月 2018
「千と千尋の神隠し」に出てくるカオナシというキャラクターについて、心理学的に考えてみると、色々な視点から捉えることができます。その一つは、アイデンティティという視点です。カオナシは、アイデンティティの拡散の状態にあると考えることができます。
コラム · 11日 4月 2018
 スクールカウンセラーとして勤務している中学校で、「スクールカウンセラー便り」を発行していました。そのお便りから、少しずつ紹介して行きたいと思います。今回は、「体のケガ・心のケガ」というタイトルで、心理的な外傷について書いたお便りです。20年近く前に書いた文章です。...

コラム · 05日 4月 2018
 スクールカウンセラーとして勤務している中学校で、「スクールカウンセラー便り」を発行していました。そのお便りから、少しずつ紹介して行きたいと思います。  今回のお便りは、「ジョハリの窓」という考え方をもとにしたお便りです。実は、20年ぐらい前に書いた物です。...

コラム · 30日 3月 2018
あくまでも予想ですが、公認心理師と臨床心理士の違いについて、今分かっている情報からまとめてみました。 国家資格と民間資格という違い 人の違い 資格の専門性の違い 仕事内容の違い 就職の際の資格要件としての違い 大学(大学院)の違い...

さらに表示する