· 

スクールカウンセラーの配置状況(令和2年度)

 

平成7年(1995年)に、スクールカウンセラーが公立学校に配置されるようになって、から25年が経過しました。

なかなか、配置が進まない現状があると思うのですが、都道府県毎に状況も異なっているようです。

 

学校保健統計調査をもとに、都道府県毎の配置状況を数値化してみました。

元のデータは以下のリンク先から入手できます。

学校保険統計調査(文部科学省)

 

なお、平成29年度分については、リソースポートのブログで解説しております。

以下のリンク先をご参照ください。

スクールカウンセラー配置状況

 

数値化のルールは以下の通りです。

 週4時間以上で配置されている学校:3点

 週4時間未満で配置されている学校:2点

 不定期に配置されている学校   :1点

 配置されていない学校      :0点

以上のように数値化して、満点が100点になるように調整しました。

 

つまり、全ての学校が週4時間以上の配置の場合100点で、配置が全くない場合は0点となります。

 

令和2年度のスクールカウンセラーの配置状況

スクールカウンセラーの配置状況

都道府県ランキング(スクールカウンセラー配置)

スクールカウンセラー配置状況ランキング

東京都が豊かな財政力によって、スクールカウンセラーを満点に近い状況で配置しています。

リソースポートのある茨城県は、全国平均を大きく下回る配置状況となっています。

そこで、茨城県の配置状況の変化を見てみました。

 

茨城県のスクールカウンセラー配置状況の変化

  小学校 中学校 高等学校 全体
平成29年度 42.8 78.4 71.8 64.3
平成30年度 47.6 74.7 63.8 62.0
令和元年度 51.4 66.1 69.9 62.5
令和2年度 53.8 72.6 65.3 63.9

茨城県のスクールカウンセラー配置状況は、平成29年までは毎年少しずつ配置が増えてきていたのですが、平成30年度には、大きく減ってしまいました。令和2年度まで2年かかって少し回復しましたが、平成29年度にはまだ届いておりません。

 

今後に向けて

今回の記事では、スクールカウンセラーが全ての学校に週に4時間以上で配置されている場合に100点となりました。これは、もとの統計が「週に4時間以上」「週に4時間未満」「不定期配置」「配置なし」という区分になっているからです。

 

週に4時間の配置で十分だということではありません。スクールカウンセラーも常勤になって、毎日8時間学校に常駐することが望ましいと思います。

 

そうすれば、1対1のカウンセリングをしっかりと行うことができます。もちろん、それだけではなくメンタルヘルスの授業をしたり、教室の中で授業中の子どもたちに関わったり、カウンセリングルームの外で様々な活動ができます。

 

そういった活動の必要性は非常に高いと思います。

 

さらなるスクールカウンセラー配置拡充を期待したいと思います。

 

 

こちらもご参照ください

 

スクールカウンセラーの歴史

 スクールカウンセラーは1995年(平成7年)から公立学校に配置されるようになってきました。学校の直面する課題に応じて、焦点を変えながら発展してきました。その歴史についてまとめてみました。