ブログカテゴリ:いじめ



泣いている小学生
子育てのヒント · 29日 10月 2019
 いじめの被害があってお子様が辛い思いをしているときに、学校と連絡したり学校にお願いをしたり、学校との対応が色々と生まれてくると思います。  その時のポイントを3つ紹介します。 欠席の連絡では、「いじめの被害で辛い」と伝える いじめを行った子どもから謝罪を受けることは急がない 学校に文書で気持ちや考えを伝える

学校の教室
子育てのヒント · 28日 10月 2019
いじめの被害を受けた子どもたちが、周囲から「考えすぎ」「被害妄想」などと言われてさらに傷ついてしまうことが多いように思います。それは、いじめの被害による心の傷つきについての理解が不足しているからだと思います。 骨折の場合と比較して、いじめによる心の傷つきについて解説してみました。いじめが生じていなくても心の痛みが生じてしまうことは、骨折と比較するとよく分かると思います。

いじめ:その理解と予防に向けた取り組み
お勧め情報 · 05日 10月 2019
子育てカウンセリング・リソースポート代表の半田一郎が12月14日(土)に文教大学生涯学習センター教育課題解決セミナーに話題提供者としてお話しします。

遊んでいる子どもたち
子育てのヒント · 31日 3月 2019
お子様がいじめをしていて、加害者となってしまった場合の、ご家庭での対応方法についてまとめました。厳しく叱るのは、逆効果になってしまいがちです。丁寧に対応して成長につなげることが大切です。

学校の教室で並んでいるたくさんの学習机
子育てのヒント · 23日 11月 2018
 お子様がいじめられていると知った時、保護者様は、色々とご心配になることと思います。ご自分のお子様が、ひどい言葉をぶつけられたりして毎日嫌な思いを続けているということは、親にとっては、自分の事よりも辛いものです。  また、学校へ行けなくなるのではないかなどと、保護者としても不安な気持ちになることも自然なことだと思います。...

学校の教室
専門職向け · 12日 11月 2018
いじめの加害者の子どもに対して、厳しく叱って、謝罪させるという指導では、再発防止の効果が少ない場合があります。学校でどんなふうに指導すれば良いか解説しました。

「いじめに備える基礎知識」国立教育政策研究所
子育てのヒント · 28日 10月 2018
 文部科学省国立教育政策研究所の生徒指導・進路指導研究センターが平成27 年7 月に発行した「いじめに備える基礎知識」という文書が非常に良くまとまっていて分かりやすいので、紹介したいと思います。...

子育てのヒント · 13日 4月 2018
いじめを行った子どもに指導する際には、感情面に働きかけることが大切だといわれています。「心の専門家」であるスクールカウンセラーも、専門性を活かして、いじめを行った子どもへも関わっていくことが大切な仕事だと思います。

子育てのヒント · 08日 8月 2017
LINEでいじめ相談は、良い取り組みですが、AIも活用してはどうでしょうか?