ブログカテゴリ:不登校



メールマガジン
子育てのヒント · 11日 6月 2019
2018年7月10日より、月1回のペースでメールマガジンを発行しております。  開始から半年以上が経過しましたので、バックナンバーを毎月1号ずつ公開していこうと思います。  今回は、2018年11月日に発行した第4号の内容です。

泣きそうになっている子ども(女の子)
子育てのヒント · 11日 4月 2019
 小学校への新入学のあと少し時間がたってから、お子様が学校へ行きづらい様子を示したり、学校へ行く時間になると泣いてしまって家から出られなくなったりすることがあります。学校へ着くまではつらそうにしていても、クラスへ入れば元気に楽しそうに過ごしていることが多い印象です。...

学年別不登校児童生徒の数(平成28年度)
子育てのヒント · 08日 4月 2019
中学校への進学に伴って環境が大きく変化します。その変化に対応できず心身の不調に陥ることが中1ギャップと呼ばれています。実は環境の変化だけではなく、睡眠時間が大きく減少するのです。睡眠時間を確保して中1ギャップを乗り越えることをおすすめします。

不登校の解決と子どもに幸せについて考える図1
子育てのヒント · 04日 3月 2019
 文部科学省が2018年2月に発表した「児童生徒の問題行動・不登校等調査」によると、2016年4月から2017年3月の1年間に30日以上欠席した不登校の子どもは、全国の国公私立の小中学生合わせて13万3683人だということです。人数は、6.1%増えていて、4年連続の増加ということです。...

教育シンポジウム「小さな工夫で子どもを支えるー3分でできるカウンセリング技法」
お勧め情報 · 20日 1月 2019
東京大志学園千葉校の主催によるシンポジウムでお話しします。 前半30分は、小学校や中学校の時代に不登校の経験があって、高校に進学している子どもたちの体験談の発表があるとのことです。司会の人が、「バンバン突っ込んで聞きます」と言っていましたので、普段はなかなか聞けないような子どもたちの本音が聴ける良いチャンスになると思います。...

ひきこもりシステム
子育てのヒント · 07日 12月 2018
少し古い本ですが、『社会的ひきこもり-終わらない思春期』(PHP新書 著:斎藤環)という本があります。その100ページから、「ひきこもりシステム」についての解説が書かれています。そして、129ページから「治療の全体的な流れ」として「ひきこもりシステムの変化」について解説されています。...

リヴォルヴ教育開発研究所の英単語カレンダーRISE English Course2019
お勧め情報 · 22日 11月 2018
 「ライズ学園」という不登校の状態にある子ども達のための学びの場を運営している「リヴォルヴ教育開発研究所」が開発した、英単語カレンダーです。...

学校の教室
子育てのヒント · 12日 11月 2018
 不登校の子どもたちは、学校へ行こうとしても行けない状態で苦しんでいることが多いように思います。行きたい気持ちと行きたくない気持ちが心の中で葛藤している状態といえます。...

不登校・ひきこもりの理解と支援(自立サポートネット流山)
お勧め情報 · 02日 10月 2018
守谷市とは川を挟んでお隣ですが、流山市で講演を行うこととなりました。 守谷市からは、自家用車で高速利用の場合30分弱、一般道の場合45分程度の距離です。 ご家庭ででできるちょっとしたアイディアや小さな工夫をお伝えしたいと思っています。 「ひきこもりを考える 講演会」 【日時】 2018年12月11日 (火)  14:00~15:30(開場13:30)...

お勧め情報 · 22日 9月 2018
東京医科大学茨城医療センター(阿見町中央3-20-1 )の市民公開講座が開かれます。 参加費は無料で、申し込みも不要です。ウェブサイトから情報を転載いたします。 ---------------------------------------- 第67回 市民公開講座 『起立性調節障害の子どもたち』 「朝がつらい」「登校できない」 実は、病気のせいかもしれません。 東京医科大学茨城医療センター...

さらに表示する