ブログカテゴリ:研修



講習会
お勧め情報 · 07日 6月 2018
 茨城県精神保健福祉センターの主催で、「薬物問題研究会」が7月20日に、結城市の「結城市民文化センターアクロス」で開催されます。  テーマは「刑の一部執行猶予制度」についてということです。  「刑の一部執行猶予制度」というのは、薬物使用事件などの再犯防止を目的に設けられた制度です(この記事の最後にに少し解説しています)。...

茨城大学
活動報告 · 20日 5月 2018
 2018年5月20日、大変気持ちの良い青空でした。「公認心理師時代にスクールカウンセラーのための学校心理学」というテーマで、午前中の講義と午後の演習という1日のスケジュールで研修会を担当してきました。...

お勧め情報 · 11日 4月 2018
日本学校心理学会の第54回研修会が開催されます。 会員以外の人でも申込み不要で当日参加出来ます。 齋藤環先生がオープンダイアローグについて話してくださいます。しかも、「学校現場」がもう一つのキーワードとなっています。これは、学校心理学会ならではですね。学校で子どもたちを支援している人には必見の研修会ですね。...
活動報告 · 09日 4月 2018
 社会福祉法人茨城いのちの電話の主催で、「傾聴ミニ講座-"聴く力"を高めるヒント-」の講師を務めさせていただきました。4月7日午後2時から、春日コミュニティセンターで開催されました。参加者は25名ぐらいだったと思います。時間よりも30分以上早く来られた方が何名もいらっしゃって、熱心さに驚きました。...
活動報告 · 03日 4月 2018
日立市の研修会で講師を務めました。言葉は、思考の道具でしょうか? それとも、コミュニケーションの道具でしょうか? カウンセリングではクライエントさんから話を聴くことを通して、自然とクライエントさんの心が整理されたりしてきます。言葉が、思考の道具であることコミュニケーションの道具であることが、カウンセリングとつながってくるように考えています。
講習会
専門職向け · 19日 3月 2018
 昨日から、公認心理師の現任者講習(主催は日本心理研修センター)に来ています。ちょっと驚いたのは、教育分野での理論的枠組みとして紹介された内容が、ばっちり学校心理学だったことです。でも、学校や教育分野での理論と実践を支える体系としては学校心理学が一番ハッキリしているし、発展しているので、よく考えてみれば、当たり前でした。全国でスクールカウンセラーをしている心理職の人が学校心理学に触れるということは大変意味のあることだと感じました。  ちょうど1年前に、新規採用のSCの研修会を担当したのですが、その時には、学校心理学の入門的な内容をお話ししました。特に力を入れて話したのは、3種類の援助チームに関する内容です。SCとして仕事をして行くには、学校の意志決定の流れの中で仕事をすることが大切だと思います。それを整理するためには、マネジメント委員会とコーディネーション委員会、そして個別の援助チームという組織内のチームについて理解しておく必要があると思います。仮想的な事例を紹介して、具体的にイメージできるようにお話ししました。  公認心理師は、個別のカウンセリングに焦点はなく、連携に焦点が置かれていると言っても良いと思います。それは、スクールカウンセラーの活動や学校心理学における心理教育的援助サービスが先行してきた部分です。公認心理師の現任者講習を機会に、多くの心理職の方に学校心理学の視点が広がっていくことを期待したいと思います。

お勧め情報 · 10日 3月 2018
茨城いのちの電話の2018年度公開講座で講師を担当します。 4月7日に「傾聴ミニ講座-"聴く力"を高めるヒント-」というテーマで開催します。 茨城いのちの電話のホームページから転載いたします。 http://www.iid.or.jp/events180407.html 傾聴ミニ講座-"聴く力"を高めるヒント-...
活動報告 · 17日 2月 2018
2月17日(土)の10時から12時まで、「ちょっとアートセラピー」と題して、コラージュ療法体験のイベントを行いました。...

お勧め情報 · 16日 2月 2018
3月15日追記 ハウス加賀谷さんが急遽入院されたため、松本キックさんお一人での講演とパネルトークとなるとのことです。残念ですが、松本キックさんの立場からお話を聞くことも有意義かと思います。ハウス加賀谷さんの病状が早く回復されることを祈っております。 ----------------------------------------------------------------...
お勧め情報 · 18日 12月 2017
 認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所が、つくば市で研修講座を開きますね。 子どもを支援していくときには、家庭も学校も地域の支援者も連携や協力をしていくことが大切です。そういった連携協力を上手く進めていくためには、ファシリテーションの手法や考え方が非常に役に立ちます。...

さらに表示する